自作シナリオ「ワケアリ芸能事務所」公開中!

マダミスのGMをやってみたいけど自信がない…そんなあなたへ

3 min

マーダーミステリー(以降マダミス)を遊ぶ上で必要となってくるのはゲームマスター(以降GM)です。

最近はGM不要でできるシナリオも増えましたが、GMがいたほうがGMレスで進行役をするプレイヤーもゲームに集中できるようになるので可能ならGMがいるとうれしいですね。

あ、本ブログにて紹介しているワケアリ芸能事務所もGMレスかつ90分程度で気軽にプレイすることができます。

まだ遊んでないのであれば、ぜひ!遊んでみてくださいね。

GMの話に戻ると、自分がプレイヤーとして楽しい経験をしたので、GMをやって他の人にもプレイをしてもらいたい。

作者さんに還元したい。ただGMができるか自信がない…

こんな風に考えてしまい、躊躇してしまうことはありませんか?

当然起こる問題だと思います。最初の一歩のハードルはプレイヤーよりも高いです。

本記事では「マダミスのGMをやってみたいけど自信がない」あなた向けに書いた記事です。

この記事のポイント

  • マダミスのGMは誰でもできるけど責任がある
  • マダミスのGMをする前にできること
  • 失敗してしまったときのこと

マダミスのGMは誰でもできる

マダミスのGMは立候補すれば、(店舗や有料公演などのシナリオを除けば)誰でもすることができます。

資格も必要ありません。

つまり「GMをやってみたい」と思ったタイミングがその時です。

少しでもGMをやってみたいと思ったのであれば、わたしとしてはぜひ挑戦してみてほしいです。

ビーすけ

ビーすけ

その気持ちを応援するぞ!

マダミスのGMには責任が伴う

オンラインのマダミスGM卓(いわゆる野良卓)の無料GMであっても、責任感は当然のしかかります。

GMは何回でもできますが、プレイヤーは1回しかプレイすることができません。

GMが原因でそのシナリオが、not for meになってしまうことも、相性など避けられない問題を含めても当然ありえます。

適当でもいいからやってみなよ、とは口が裂けても言うことはできません。

マダミスGMをする前にできること

  • 「やっぱりやってはみたいけど自信がない」
  • 「準備をどこまでやっていいかわからない」
  • 「失敗したら申し訳ない」

不安はいっぱいあると思います。わたしも複数回GMをしていても毎回思います。
安心しながらできるのは身内卓くらいです。

GMをする前にできることはたくさんありますが、本記事では3つのことを紹介します。

他のGMが回す同シナリオの観戦に参加する

募集卓にもよりますが、観戦者を募集していることもあります。

観戦はプレイヤーの動きも楽しいですが、GMの動きを観察するにももってこいの場です。

立ち振る舞い、プレイヤーへの気配り、進め方、ちょっとオリジナリティを加えているところ、観戦に集中できるのでたっぷり観察してみましょう。

観戦希望を出した上で「このシナリオのGMをやってみたいので勉強させてください」とGMに伝えれば、GMをする上でのアドバイスや作成した資料を提供してもらえるかもしれません。

少なくともわたしは悪い思いはしないので、出せる情報はいくらでも提供しますよ。その代わり自分から言ってくださいね。

身内で卓を回してみる

いきなりは不安…の場合は、身内でGMを経験してみるのもおすすめです。

ハードルに関してはそこまでは下がらないかもしれませんが、1回以上GMをしているという自信は出ます。

初心者向けのシナリオを回してみる

回してみたいシナリオがむずかしそうな場合は、まずは簡単なシナリオのGMをしてみるのもおすすめです。

「簡単な」シナリオの定義は以下の3点ですね。この3点が当てはまっているとGMの難易度は下がります。

  • シナリオが初心者向けであること
  • GMなしでもプレイができること
  • カードがなくdiscordなどのボイスがあればプレイできること

ただし初心者向けのシナリオでも、責任は下がりませんので注意は必要です。

失敗、ミスをしてしまったとき

同シナリオの観戦も参加してアドバイスももらって、身内で卓を回して、他のシナリオも回してみた、それでも失敗するときは失敗します。

わたしも毎回1回以上は何かしらやらかしています。失敗ゼロで終えられたことは細かいところを含めればおそらく1回もありません。

そのときは、

完全にわかってしまった内容だったら謝罪する

気づいてなさそうだったらそのまま進める

そのくらいの気持ちで大丈夫です。

「手を抜いた失敗」と「一生懸命やった上での失敗」くらいはわかります。

もちろんそれでも言われる可能性はありますが、そのときは「この人とは相性が悪いんだな、ごめんなさい」くらいに流しておけば大丈夫です。

まとめ

オンラインマダミスはこのような仕組みで現状は回っています。

  1. STEP

    ゲームをプレイする

  2. STEP

    プレイヤーが満足する(有料であればシナリオを購入する)

  3. STEP

    GMとして回す

  4. STEP

    STEP1に戻る

GMをすることで作品の普及をしていくことが可能です。

もし「GMやりたい!」って気持ちが芽生えたら、いつのタイミングでもいいのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

応援していますし、もし不安な部分があれば相談くらいは乗れますのでお気軽に聞いてください(解決できるかの保証はありませんw)

この記事の復習

  • マダミスのGMは誰でもできるけど責任がある
  • マダミスのGMをする前にできること
  • GMをやりたい人は全力で応援します!!

ビーすけ

ビーすけ

この記事が役に立ったらSNSでシェアしてくれるとうれしいぞ!

ナナミライ

ナナミライ

2020年からマーダーミステリーにハマった廃人です

FOLLOW

カテゴリー:

記事の内容に関するコメントはこちらへ

いたずら、スパム以外のコメントは必ずお返事いたします